急激な体重変化に伴っての肉割れは対策をすることが難しいものです。肉割れというのはできるときに痛みを伴うものではないために、本人が太ったなと感じる頃にはすでにできていることが多いためです。それに対して妊娠中というのはこれからお腹が大きくなるということが理解できるため、早い段階から対策をすることができます。そのため妊娠がわかった頃から少しずつ対策をしておくと予防できたりできたとしても最低限にとどめることができるのです。

特に背の低い人や脂肪の多い人、筋肉の少ない人、皮膚が乾燥している人は妊娠線ができやすいと言われています。そのため、このような人は早いうちからボディクリームや妊娠線予防のクリームをお腹に塗っておくことが望ましいです。ただし、妊娠中というのは体調変化も激しいものです。つわりがあって思うように動けないこともあり、クリームを塗ることも大変なこともあります。また、匂いがダメな場合にはクリームの匂いがつらくて塗れないということもあります。そのような時には無理して塗る必要はありません。逆に塗らなければと思う方がプレッシャーになってしまい追い詰めることで食事ができなかったり心が休まらないということは胎教に良くないので避けるべきです。

また、最近では美容クリニックで妊娠線・肉割れのケアの方法をアドバイスしていることもあるので、気になる方は相談してみましょう。