妊娠線と肉割れの違い

妊娠線と肉割れの違いを詳しく解説しています

妊娠線の対策

急激な体重変化に伴っての肉割れは対策をすることが難しいものです。肉割れというのはできるときに痛みを伴うものではないために、本人が太ったなと感じる頃にはすでにできていることが多いためです。それに対して妊娠中というのはこれからお腹が大きくなるということが理解できるため、早い段階から対策をすることができます。そのため妊娠がわかった頃から少しずつ対策をしておくと予防できたりできたとしても最低限にとどめることができるのです。

特に背の低い人や脂肪の多い人、筋肉の少ない人、皮膚が乾燥している人は妊娠線ができやすいと言われています。そのため、このような人は早いうちからボディクリームや妊娠線予防のクリームをお腹に塗っておくことが望ましいです。ただし、妊娠中というのは体調変化も激しいものです。つわりがあって思うように動けないこともあり、クリームを塗ることも大変なこともあります。また、匂いがダメな場合にはクリームの匂いがつらくて塗れないということもあります。そのような時には無理して塗る必要はありません。逆に塗らなければと思う方がプレッシャーになってしまい追い詰めることで食事ができなかったり心が休まらないということは胎教に良くないので避けるべきです。

また、最近では美容クリニックで妊娠線・肉割れのケアの方法をアドバイスしていることもあるので、気になる方は相談してみましょう。

妊娠線と肉割れ

妊娠線と肉割れは名前こそ違いますがどちらもその仕組みは同じです。どちらも急激な体重変化や体型の変化によって皮膚が伸びて肌に亀裂が入ったような状態になることなのですが、妊娠中にお腹周りにできるものが妊娠線と言われそれ以外の時期にできるものが肉割れと言われます。どちらも体型の変化によって起こりますが、妊娠中の場合にはお腹の成長に皮膚の伸びがついていけずに起こることが多いです。そのため、体重の変化と関係ないことが多いです。妊娠中に大幅に体重変化があった人でも妊娠線ができる人とそうでない人がいます。また、妊娠中に体重があまり増加しなかった人はそれが原因となって妊娠線ができてしまうこともあります。そのため、肉割れのように体重が増加することで起こるとは一概に言えないのです。

また、妊娠線はお腹にできることが一般的ですが、肉割れはお腹以外にもできることがあります。胸や腰、お尻、太ももといった部分にも肉割れができることがあります。もちろん、妊娠中には体型変化が起こりお尻や腰回りが広くなるものですからこのような部分が肉割れを起こすことがあります。ただ、妊娠中だから肉割れとは言わず妊娠線だというような厳密な線引きがされているわけではありません。

妊娠線とは

妊娠線というのは多くの妊婦さんが妊娠中に不安に感じることであり、トラブルとして抱えるものの一つです。一昔前まではできても仕方のないもの、母親の勲章、といった捉え方がされてきました。しかし、最近では出産後の女性もスーパー銭湯やスパを楽しんだりビキニを着て海水浴をしたりとお腹周りを露出する場面も多くなりました。そのため、可能な限りいつまでも美しい肌でいたいと思う人が増えたのです。また、最近はインターネットやSNSが普及したことでたくさんの情報を得ることができるようになりました。そのために美しくあるために必要な情報もよく特集されるようになりましたし、自然と目に耳に入ってくるようになりました。このような情報を得ると自ずと妊娠線ができないように気を配らねばならないような状態になってしまうものです。

残念ながら、今でも絶対に妊娠線ができないように予防する方法は見つかっていません。予防するためにできることや、できたとしても最小限にする方法、またできやすい体質というのは少しずつ解明されてきています。ですからできやすい人に該当するならば、少しでも早いうちから対策をすることができますし防ぐこともできます。そこで、ここでは妊娠線ができやすい人の特徴とその対策について紹介をしていきます。また、妊娠線と似たもので肉割れというものがありますが、その二つの違いともしも出来てしまった時の対策についても紹介をしていきます。